calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

 

『ないた赤鬼、で、泣いた……』コミコミブログ選手権(さんみ)

0
    節分!鬼!人外!


    今回のブログ選手権テーマは
    「節分!鬼!人外!」と、いうことですね。

    まずは節分と言えば年の数だけ豆を食べるのが
    段々苦痛になってまいりましたラビリンスさんみです。
    えーと、数え年なので丁度……し、、、
    あ〜! もう、一度に食べられる個数じゃありません!

    ここ最近は節分の食べ物と言えば恵方巻きですね。
    ワタクシは巻き寿司が好きなのでこの風習は嬉しいです。
    普通の太巻きも好きですが、
    厚焼き玉子だけの太巻きを扱っている
    お惣菜屋さんがあってそれが大好きです。
    甘い玉子と桜でんぶと三つ葉だけが入ったシンプルで
    甘目の太巻きが美味しいのです〜
    しかし、太巻きも1本まるまる食べようと思うとへビィですね。
    それに節分にはいわしの焼いたのも食べなきゃいけないので
    ただでさえ丸いお腹が飽和状態です。
    できれば巻き寿司は二、三個程で
    いわし明太などをつつきながら豆をつまみに
    日本酒をちびちびいただきたいです。
    結局酒ですね。寿司をつまみに呑むのもオツです。
    ふ〜、2月も安定しておっさんです。
    ちなみにリアル店スタッフのN田さんは恵方巻きの風習を

    「無言で黒くて太いものをほおばるなんて……」

    と卑猥に表現していました。
    コミコミって、、、まぁ、平常運転です。

    さてさて、節分と言えばです。
    といえば、

    好きなBL作品は

    「ないた赤鬼」です。


    IMG_5765.jpg

    童話です。
    昔話です。

    だけど、BLだと思う!

    おいおいさんみ大丈夫か? と、お思いでしょうが、
    ちゃんと! ボーイズラブ! だと思うのです。

    とりあえずお話を思い出してみましょう。

    *   *   *   *   *

    山の中人間と仲良くしたい赤鬼が住んでいました。
    赤鬼は
    「心のやさしい鬼のうちです。
    どなたでもおいでください。
    おいしいお菓子がございます。
    お茶も沸かしてございます」
    という立て札を書き、家の前に立てて置く。

    と、いう大いに疑われるような
    怪しい詐欺のようなお誘いをかけたのですが、
    当然ながら村の人間は信用せず
    誰とも仲良くなることはありませんでした。
    自暴自棄になっていた赤鬼を
    友達の青鬼が助けようと一役買って出ます。
    それは
    「青鬼が人間の村へ出かけて大暴れをして、
    赤鬼がそれを止めて青鬼をやっつけて人々の信頼を得る」
    という芝居でした。
    青鬼に酷い悪役をやらせることに渋る赤鬼を
    青鬼が説き伏せ作戦は実行され成功し、
    赤鬼は村の人間に受け入れられます。

    ※閑話休題
    せいこう→(変換)→性交と第一に変換される
    私のパソコンをどうにかして欲しい今日この頃です。


    人間の友達と仲良くする赤鬼ですが、ふと青鬼と
    しばらく会っていない事に気が付き家を訪問すると
    そこには青鬼の姿はなく置手紙がありました。
    それは、悪い鬼の青鬼と赤鬼が付き合いがあることが
    分かると赤鬼が疑われるので旅に出る事、
    それに赤鬼の身体を気遣う内容でした。

    「いつまでも君を忘れません。
    さようなら、体を大事にしてください。
    ぼくはどこまでも君の友達です」

    赤鬼は手紙を読み返し涙を流し、
    しかしその後、
    二人が再会することはなかったのです……。

    *  *   *   *   *


    と、言う、、、自己犠牲の尊い愛の物語ですよね。
    青鬼の片思いかもしれませんが、ラストでは
    赤鬼も青鬼というかけがえのない存在に気付いたと思います。

    失ってみて初めて気付く愛の物語。

    あたたかい悲恋。


    大人になってから改めてこのお話を読んで泣きました。
    号泣です。
    今もあらすじをざっと読んだだけで
    泣きそうな大好きな作品です。
    青鬼の大きな愛に胸が痛くなります。
    そんなに赤鬼が好きか?
    幸せを願って身を引くぐらい好きか?!
    と、いじらしさに涙して、
    そして赤鬼の馬鹿さ加減にイラつきつつ、
    可愛いなぁ……
    とも、思ってしまいます。
    赤鬼は憎めない単純さと純粋さのあるキャラですよね。
    人間の友達が欲しいなんて子どもっぽくも愛しいです。
    鬼と言うか、人外キャラは人間社会から排斥されて、
    恨みつつも人に焦がれているところや、
    捻くれているようで素朴な純粋さをもっているところが愛しいです。

    ちなみに私は(攻)×(受)派です。

    子どもの頃誰もが一度は読んだことのある有名なお話です。
    大きな本屋さんなら必ず置いてありますし、
    どこの図書館にも置いてある有名な作品です。
    電子版もあるかしら? ぜひぜひ、今一度読んで欲しいお話です。

    BLとして読んでみたら二倍楽しめると思います。

    、、、割と本気で、、、

    すみません個人の感想です。
    心から腐っているのです。
    しかし、普通にいい話です。
    お母さんユーザーさん、子どもさんへの
    読み聞かせのときも感情込めて読んでね☆

    我ながら相変わらずぶれない嗜好です。
    今年も二人の鬼の愛に乾杯しつつ豆を齧ろうと思います。

    (ラビリンスさんみ)

    ―――――――――――――――――――――――――――――――
    今回のキーワードは
    「monster」


    2016年2月開催参加記事


    さんみ
    『ないた赤鬼、で、泣いた……』コミコミブログ選手権(さんみ)

    さきこ
    『節分って確か、鬼が好みの人間を犯そうとして返り討ちにあっちゃう奴ですよね?』コミコミブログ選手権(さきこ)

    ぴよ
    『2月3日は、一年に一度しかこないアニバーサリィなんだよ!?特別な日には特別なプレイでしょう!?』コミコミブログ選手権(ぴよ)

    lin
    『節分って、はしたない』コミコミブログ選手権(lin)



     前回開催分までの出場者記事を読むには
    こちら


    「#コミコミブログ選手権」でTweet検索!
    コミコミスタジオ公式ツイッターは
    こちら



    プレゼントゲットについては
    こちら