calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

 

薄汚れ萌

0

     薄汚れ萌☆
     いじっぱり受萌☆
     擬人化ですよ〜☆
     ほのぼのしちゃうコミック♪

    犬と鳥と約束の丘
    犬と鳥と約束の丘
    著:山田ロック/ふゅーじょんぷろだくと


    <感想>
    なんでだか薄汚れた受がすごく好きです。
    そんでもって苦労性でいじっぱりで強がりだと最高ですネ!
    このコミックスの表題作『犬と鳥と約束の丘』はドンピシャリでございました。
    タイトルに犬と鳥とあるのは比喩じゃなくって、擬人化だからです。
    犬=モップぽいもふもふ犬=へタレワンコ
    鳥=具体的には烏(カラス)=貧乏(たくさんの子カラスを養っている)
    そんでもって文字通り、本当にへタレワンコ攻。心優しい犬と困難な生活の中でも懸命に生きようとする野性のカラスのお話です。ときどき織り込まれる動物的なセリフがぐっとくるんです。
    全体的にほんわかしちゃうお話です。薄汚れ好きさんにも飄々としてるのに健気な受が好きという方にもオススメ!(某幽○白書の飛○とか…薄汚れって言うか…ネズミ臭いというか……)
    同意見の方いないですか……?
    薄汚れ萌…… いえ、このカラスのまだら君はそんなに汚くないんですが……

    <あらすじ>
    永遠を誓う。
    スキンシップ過多な犬と初々しい烏の恋物語。
    ある日怪我を負った「烏のまだら」は、動物病院に保護される。そこに住む「犬のはやぶさ」は人な つこく最初は戸惑うばかりのまだらだった。心を許して語る、烏がしんだあとの世界。 それがさ寂しいという吐露に、はやぶさは「特別な丘の話」をする。 宝もの、好きな人、ずっと一緒、読み終わったあときっと胸に幸せな言葉たちがキラキラ溢れる。♪

    感想文担当:さんみ